2021年7月1日~ 法人福祉車両での移送中止

このたび、法人福祉車両(車イス乗車)での移送業務を事業統合により廃止いたしました。

今後は介護タクシーを含む他公共交通機関を利用したスタッフによる外出同行援護(旅行・通院)の形で事業継続してまいります。

今まで、特に車イス利用の送迎込みの外出(旅行・外出・通院)同行援護サービスをご利用おただいていたお客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願いいたします。

 

ワクチン接種された方のサービスを一定期間停止いたします


当法人としまして、コロナワクチンを接種された方におかれましては、 当面サービス停止とさせていただきます。

2回目接種されて8週間副反応がなかった場合のみ、 その時ご希望がございましたら サービスを再開させて頂きます。

【理由】

従来のインフルエンザワクチンのような鶏卵型ワクチン(抗原をワクチン内で生成するタイプ)と違い、今回のコロナワクチンは初めての遺伝子型ワクチン(コロナのRNA情報に人間のDNA情報を転写・利用して 人体内で抗原を生成するタイプ)は コロナワクチンのRNA情報の〝逆転写〟による人体のDNA書き換えされる可能性が非常に高く、つまり人体のDNAそのものを組み換えてしまい、免疫機能不全や、肝機能 腎機能不全、呼吸器 消火器など、既に起こっている副反応症状をはじめ、将来にわたりどんな影響が出てくるかわからない未知の危険を孕むものと捉えております。

ちなみにワクチンはファイザー製 モデルナ製共に未だにステータスは〝治験中〟であり、正式には認可されていない状態です。
→緊急時は認可おりてなくても接種できるおかしな法律があるため、今現在 接種ができる状態なのです。

ワクチンを打った人の呼気や発汗 または直接皮膚への接触があった場合、近接者に対し書き換えられた遺伝子物質が空氣または飛沫、接触感染による影響がないとは言いきれず、当法人はワクチン接種を行わない外出や旅行支援でご利用されるお客様も多数いらっしゃるため、 私どもがその遺伝子組み換え危険物質のキャリアとなる可能性を避ける目的がございます。

※6/8現在 国内ではワクチン接種後 その副反応によって190人超の死亡者が出ています。
(日本のメディアでは潜在的な死亡者実数はあえて報道していませんので、実際はもっといらっしゃると考えています)

令和3年4月1日より価格表示が消費税込みとなりました

「消費税転嫁対策特別措置法」が令和3年3月31日に失効したことにより、令和3年4月1日~消費税込み価格表示が義務化となりました。

それに伴い、当法人の価格表示を消費税込みとさせていただくと共に、燃料費高騰の影響や端数調整もふまえ一部価格変更もさせていただいております。

ご利用者様におかれましては、何卒ご理解賜りますようお願い申しあげます。

令和3年4月1日よりタクシー券が利用できなくなります

  1. 創業以来8年間 福祉有償運送事業を継続してまいりましたが、運営協議会の規定により利用料金の設定を一般タクシーの1/2~1/3に抑えなければいけない縛りによる収益確保困難な状況に加え、一般タクシーと大きく違い運賃のみにしか適用されない限定的なタクシー券の適用範囲によるお客様へのご負担増加を生む現状に対し、当法人として 今後の移動支援は同行移動支援のみとさせていただくことといたしました。(その際の運送費・車両利用料は0円 ※同行支援料の他に燃料費を含む実費および諸 サービス料のみとなります)詳しくは料金のページをご覧くださいませ。

今までタクシー券を利用されていたお客様には大変申し訳ないのですが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます

夜間専用よりそいサービススタート!

NPO法人えがおの4つの夜間専用よりそいサービスをスタートしました。

19時~24時の間のご希望時間帯に予約システムからスマホやパソコンから簡単にご予約いただけます。

【どこでもご一緒サービス】

【ドライブサービス】

【電話でお話サービス】

【代理サービス】

3ヶ月先までご予約いただけますので、ご予定が決まりましたら、お早めにご予約くださいませ。

 

 

 

 

雪道でも大丈夫

当法人車両のタイヤをオールシーズンタイヤにしました。

もちろん、雪道でもスタッドレスタイヤ同様にしっかり走れます。

20180131_14050520180131_142311

高速道路のチェーン規制でも走れるスノータイヤの基準をクリアしています。

20180131_140850

お客様の安全第一!

これからも安心してご乗車くださいませ。

 

おかげさまで3周年!

2017年4月
おかげさまで、”NPO法人えがお”が3才を迎えることができました。

繰り返しになりますが、ひとえにご利用いただいているお客様と当法人を支えてくださっている支援者の方々に、改めまして深く感謝いたします。

私事ではありますが、去年の正月に、私の人生の師である父がこんな”ことば”を贈ってくれました。

『お客様は”価値”を求めている。見た目じゃなく”本物”を、”質”を提供すること!

心を忘れず前進すること!一日一日をクリアして一日一日進歩していく』

開業して3年経ったいま、今さらながらこの言葉のもつ意味がじんわりと心に染みています。

”慢心” ”傲り” ”虚栄心” どれも隙あらば音もなく忍び寄ってとりついてしまう恐ろしい魔物です。

創業当時の初心を忘れず、サービスの質を進化させてきているつもりでも、常に遷りゆく環境変化の中で、時に傲慢無礼な気持ちになってしまう危険性もあります。

福祉というカテゴリの中でも、きわめて独自性と柔軟性の高いサービスを提供し、皆さまのお役に立たせていただけることへの”感謝”の気持ちを片時も忘れず、常に謙虚な姿勢でお客様の本当に困っていることを一緒に解決していけるよう邁進していきたいと思います。

スタッフ一同”本物の質”を追求しつつ、これからも、皆さまのお役に立てる”NPO法人えがお”であり続けることを改めてここにお約束いたします。

どうぞ、これからも当法人をあたたかくも厳しく見守っていただけますよう、心よりお願い申しあげます。

理事長    林   洋